公開履歴
ハゲるところを触る男性

薄毛治療の最先端と言われているのが、「HARG療法」です。
HARG療法は注射器で、直接頭皮に成長因子を注入し、発毛効果を促す薄毛治療となっています。
成長因子は活動を停止している毛母細胞の働きを活発にし、発毛を促進させる効果があります。
頭皮に直接、成長因子を注入する事ができるので、内服薬での治療よりも発毛効果を感じやすいのが特徴です。
ただ、薬剤を注入する際、頭皮に注射針をブスブスと刺す為、かなり強い痛みを伴います。
男性であっても我慢できず、途中で施術を断念してしまうほどです。
発毛の効果には優れているものの、痛みが大きなネックとなり、HARG療法を受けられないという方も少なくありません。
HARG療法は気になるけれど、痛みが不安という方は「ノンニードルガンHARG」という、薄毛治療を検討してみましょう。
ノンニードルガンHARGは、名前の通り針を使用しない薄毛治療です。
成長因子を頭皮に注入するのは、HARG療法と同じなのですが、注入方法に違いがあるのです。
ノンニードルガンHARGの場合、頭皮に炭酸ガスを噴射し、ジェット流とする事で水溶性薬剤を頭皮に注入していきます。
ジェット流は蚊の針よりも細いので、頭皮に注入する際には、ほとんど痛みを感じません。
ノンニードルガンHARGはHARG療法より、はるかに施術中の痛みが少ないという事もあり、今注目を集める最新の薄毛治療となっています。
施術時間は約10分程度と短時間で済むので、受けやすい治療と言えるでしょう。
ただ、最新の治療法という事もあり、ノンニードルガンHARGを採用しているクリニックは、まだまだ少ないようです。
施術を希望する方は、クリニックにノンニードルガンHARGを行っているか、まずは問い合わせてみましょう。
また、やはり頭皮に直接注入する施術に抵抗がある方は治療薬から薄毛治療を始めても良いでしょう。
フィナステリドという成分を含んだプロペシアという男性型脱毛症の治療薬があります。
薄毛治療薬としては、代表的な治療薬として知られ世界60ヶ国以上で承認されています。
まずは、身近に手に入るものから薄毛治療を進め、段階を経てHARG治療に移行してみても良いでしょう。

記事一覧
AGA治療京都のセンターで様々な薄毛治療が受けられる 男性の薄毛としてAGAと呼ばれる男性型脱毛症というものがありますが、それに加えて女性の方にとっても薄毛治療を受けたいと考えている人は増えていると言われています。 薄毛やAGA治療京都で受けられるセンターがあり、最短であれば半年以内でスピード発毛を実現しています。 AGA治療京都のセンターでは、万が一発毛効果が実感できなかった場合には薄毛治療にかかった費用を全額返金してくれる保証が受けられます。 薄毛の症状に悩んでいる方は数多くいますので、マッサージのメニューとして薄毛治療が受けられるメニューが作られています。 薄毛治療を受けることができる医療機関もありますが、発毛や育毛の実感を得るためには長期間の医療機関の受診が必要になることや、保険適用が受けられない医薬品を購入する必要があるために、医療費が高額になってしまうことが考えられます。 AGA治療京都のセンターであれば、独自のドクターサポートの体制を採用しているために、患者ひとりひとりの体調管理など細かいサポートを受けることが可能で、医師による専門的なアドバイスを受けられるメリットがあります。 初回の受診の際には、カウンセリングと施術を合わせたキャンペーンを受けることができますので、お得な価格で薄毛治療を行うことが可能です。 AGA治療京都のセンターでは、発毛や薄毛のケアを専門的に行ってきた豊富な実績を持っており、それぞれの分野における専門知識によるトータル的な薄毛治療を行うことができます。 同じ薄毛の症状であっても人それぞれにおいて、原因や薄毛の種類が異なることが十分に考えられますので、入念なカウンセリングを行うことで個人に適した対処法の紹介をしてもらえます。 2019年10月13日
年齢や順番も関係ない!薄毛治療で回復しよう 年齢が高くなると薄毛になる可能性がありますが、それはあくまでも傾向の一つにしか過ぎません。 若い年齢だろうと薄毛になる事がありますし、実際に20代の前半頃から薄毛が目立って悩みになっている方も少なくないのです。 つまり薄毛になるのに順番は関係ありません。 薄毛は中高年位から気になり出すというイメージを持たれている方もいると思われますが、年齢が若くても薄毛になる時はなりますので、世代の順番は無関係に薄毛になってしまうのです。 また、薄毛になる部位の順番もありません。 薄毛というと生え際もしくは頭頂部から薄くなり、そこから徐々に広がっていくというイメージかと思われますが、全体から一気に薄毛になってしまう事もありますし、さらには短期間で頭皮が透ける状態にまで進行する事もあります。 薄毛に対して油断しているとあっという間にハゲてしまう事もありますので、髪の毛が心配ならば早めに対策をする事が大切です。 しかし、現在では良い薄毛治療があります。 仮に薄毛になってしまった際にも薄毛治療を受ける事によって、昔のようにフサフサとしたボリュームのある髪の毛に戻れるかもしれません。 その為、もしもの際には薄毛治療を検討してみるのも良いのではないでしょうか。 ただ薄毛治療は万能という訳でもありません。 頭皮が透けて見えてきた位の軽度の薄毛ならば改善できる見込みが高いと言われていますが、完全にツルツルの状態になってしまうと手遅れになってしまう事もあるのです。 仮に回復できる場合でも、かなり時間を要してしまう事になります。 早めに対策を始めるのが鍵になりますので、手遅れにならない内に薄毛が気になったら治療を受ける事をおすすめします。 2019年09月10日
薄毛を解消できる髪型 薄毛に悩む人は多いのですが、その原因も男女や体質などによっても様々です。 育毛剤を利用したり、薬を飲んだりするなどしていろいろと努力を影ながらしている人も増えています。 薄毛治療をしていく際には、髪型にも気を使いましょう。 男性はさっぱりとしたショートヘアの人が多いですが、女性はロングヘアの人も多いです。 特に髪を結ったりしていなければそれでもいいのですが、毎日ゴムで束ねていたりする人は要注意です。 ポニーテールなどは可愛らしい髪型の一つですが、これも続けていると髪の毛が引っ張られてそれが原因で薄毛になってしまう事もあるからです。 若い女性に多いお団子ヘアなども見ていて可愛いものですが、これも髪を上方に引っ張り上げていくのであまり頭皮のためにはよくありません。 いろんな薄毛治療がありますが、分け目を同じにしているのであればたまには変えてみるのもおすすめです。 同じ場所ばかり分けていると、そこばかりに紫外線が当たったりしますので、同じ部分だけ頭皮にずっとダメージが与えられ続けてしまいます。 分け目も癖がついてしまうとなかなか取れ難いので、こまめに変えてみましょう。 本格的に薄毛治療をしていこうと考えるのであれば、基本的には髪は短くした方がいいでしょう。 髪の毛に栄養も行き渡りやすくなりますし、日々のヘアケアなども行いやすくなります。 髪を切るのは嫌だと思うのであれば、なるべくカラーやパーマなど髪の毛や頭皮にダメージを与えるような事をするのを控えましょう。 整髪剤も頭皮にはよくありませんので、使う回数を減らしたりしていって下さい。 その上で飲み薬等も併用しながら薄毛治療を行う事で、少しずつ頭皮や髪の毛の状態も改善されていきます。 2019年08月21日
薄毛で老けて見える理由 薄毛で悩んでいたのは、これまでは40代も過ぎたような壮年の男性が中心でした。 けれども今は男性でなく女性も薄毛で悩み、そして年代はなんと早ければ10代や20代ぐらいの若い人たちも薄毛で悩んでいます。 なんとなく髪の毛のボリュームがなくなってきたというだけならいいのですが、ぱっと見たときの印象も老けてしまっているのではないかと心配している人も多いです。 地肌が見えてしまうと、それだけで年齢が10歳ほど上に見えてしまうというような意見もあります。 気がついた時には薄毛が進行していることも多いですが、薄毛治療は早めに行うといいでしょう。 長年悩み続けているという人も多いのですが、一人で悩んで様々な育毛剤などを試しても逆に肌に悪影響なだけでさらに薄毛が進行してしまったという事もあるのです。 病院でも薄毛治療ができるようになってきていますので、男女ともに長く悩み続けているのであれば診てもらいましょう。 基本的には薄毛治療を行っていく前に相談を聞いたり、問診などを行って生活習慣や薄毛の度合いや頭皮環境のチェックが行われます。 その状態に応じて必要な薬の処方や、生活改善のアドバイスなどが行われます。 男女ともに薄毛になる事はありますが、その原因となる要素はそれぞれ違います。 遺伝やストレス、ホルモンバランスの崩れや頭皮の乾燥など本当に様々なのです。 しっかりと状態を見極める事ができれば、それだけ自分自身でも安心して治療を進めていく事ができます。 年相応に見てもらいたいと思うのであれば、薄毛で悩み続けていくよりも治療を行っていきましょう。 早めに始めればその分だけ、早く自分自身の薄毛も改善に時間をかけられますから、少しずつ増えていくようになるのです。 2019年08月05日